Home » よくある症状 » 脊柱管狭窄症とカイロプラクティック

脊柱管狭窄症とカイロプラクティックARS平塚 整体・骨盤矯正サロン

脊柱管狭窄症とは

images 「脊柱管」とは背骨、椎間板、靭帯、等に囲まれたトンネルのような形になっている部位です。脊柱管の中を脊髄神経が通ります。 背骨、椎間板の変形や靭帯が厚くなってしまい、脊柱管の中を通る脊髄神経を圧迫することにより神経の血流が悪くなり発症します。

脊柱管狭窄症の原因

    • 生まれつき脊柱管が狭い
    • 加齢に伴い背骨、椎間板、靭帯などが変形し脊柱管を圧迫
    • 長時間座っていることが多い
    • 重い荷物を持つことが多い
    • 過去にヘルニアやすべり症、ぎっくり腰を患ったことがある
    • 転倒して腰を打ったことがある

脊柱管狭窄症の症状

      • 腰痛
      • 足のしびれ
      • 歩行時に足のしびれ(安静時に改善)
      • 階段などの段差でつまづきやすい
      • 歩行時に尿意をもよおす。便秘

※個人差はありますが腰痛は全くなく足の症状だけが出てくる人もいます。

脊柱管狭窄症の施術には、全身矯正コースがオススメです。

全身矯正コースでは、固くなった腰や臀部の筋肉をストレッチなどでほぐしていきます。 痛みや症状が和らいできましたら、身体のバランスをチェックして必要であれば骨盤から脊柱の調整をしていきます。 全身矯正コースで身体のバランスを整える事は、不必要に固くなった筋肉を柔らかくしますので症状の緩和が期待できます。

脊柱管狭窄症は安静と運動が大切

症状が辛いときは無理に運動をしようとせずに安静にして身体を休ませておいた方が楽になります。 痛みやそのほかの症状が緩和してきたら少しずつ運動なさるのが良いでしょう。 歩くのが大変な場合は自転車の方が楽だったりもします。全く動かなくなりますと筋力も衰えてしまいますので、無理がかからない程度に身体を動かしていきましょう。

店舗案内

Sponsored by

Copyright(c) 2015 ARS平塚 整体・骨盤矯正サロン All Rights Reserved.