Home » 症例報告 » 背中の張り

背中の張りARS平塚 整体・骨盤矯正サロン

2015年08月11日 category : 症例報告 タグ: , ,  

Iさん(50代 男性)

【症状】
背中の張り

【検査】
姿勢のチェック  関節(背骨)可動域の検査  

【施術】
全身の緩和操作 骨盤矯正、胸椎矯正、首の緩和操作

【コメント】
営業の仕事のため、車を運転することが多く、背中の張り
だけでなく、腰~脚にかけての緊張も強かった。
腰部及び臀部の張りのため、骨盤の動きもかなり制限されて
いた。
そのため、筋肉の緩和操作を十分に行ったうえで、骨格の
矯正を行った。

その日は、まだ筋肉の負担も大きかったせいか、大きな変化は
感じられなかったが、1週間後に来院してもらった時は、
体全体の緊張は改善されていた。

今まで月に4回程度、1時間以上(多いときは3時間)マッサージ
をされていたということだが、骨格の歪みをとることをされて
なかったので、なかなか改善に繋がらなかったかもしれない。

まだ背中の張りは全くなくなったとはいえないので、
今後はストレッチやタオルを使った背中の緩和操作を
指導していくつもりである。

最後までお読みいただきありがとうございました。 関石

店舗案内

Sponsored by

Copyright(c) 2015 ARS平塚 整体・骨盤矯正サロン All Rights Reserved.