Home » よくある症状 » 変形性膝関節症でお悩みの方へ

変形性膝関節症でお悩みの方へARS平塚 整体・骨盤矯正サロン

変形性膝関節症 とは

images
膝の関節は正常な状態だと、柔軟性に富んだ「軟骨」に覆われています。軟骨が衝撃を和らげて関節をスムーズに動かしています。

この軟骨がなんらかの原因ですり減ってしまい関節炎や変形を起こすと痛みが出てしまう事を言います。

変形性膝関節症の原因

    • 仕事や運動などで膝を使いすぎてしまった
    • ご家族に発症者がいる。遺伝によるもの
    • 体重が急激に増えてしまった。肥満によるもの
    • 運動不足、病気や加齢などで筋力が弱くなってしまった
    • 統計的に女性が発症しやすいようです

※変形性膝関節症の原因はまだ不明確な部分も多く現在わかっている事で以上のような事があります。

変形性膝関節症の症状

      • 動き出しが痛い
      • 階段の上り下り(特に下り)で痛い
      • 症状が進むと歩くのが困難
      • 膝に水がたまる
      • 膝が曲がらない、伸びない
      • 正座ができない
      • О脚のように変形している
      • 歩くときにふらふらする(重心が外側にぐらつくような感覚)

変形性膝関節症の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、変形に伴って緊張してしまっている筋肉をストレッチなどでほぐしていきます。脊柱や骨盤のバランスを整えて膝にかかる負担を軽くして症状の進行を予防し改善に向かっていけるようにしていきます。

骨格の調整では変形を元に戻すことはできませんが、膝にかかる負担を減らしていき改善へ向かわせるという点で有効です。

症状が進行するほど改善の速度が遅くなります。膝に不安を感じたり変形性膝関節症を診断されましたら早めにご相談ください。

変形性膝関節症は筋力を衰えさせない事が大切

変形性膝関節症は筋肉が弱ってしまうと余計に症状が悪化してしまいます。膝が動かせるようであればプールなどでウォーキングをするなど足の筋肉を衰えさせないようにしましょう。

変形性膝関節症になってしまったら早めのケアと運動が大切です。

店舗案内

Sponsored by

Copyright(c) 2013 ARS平塚 整体・骨盤矯正サロン All Rights Reserved.