Home » 加圧トレーニング » トレーニング前のストレッチでケガを予防

トレーニング前のストレッチでケガを予防ARS平塚 整体・骨盤矯正サロン

ストレッチトレーニングを行う前に準備体操やストレッチを行う人が多いと思います。

しかし、体が固いためストレッチを十分に行わずにトレーニングを始めてしまう方も多いのではないでしょうか?

まず、ケガの防止という点でストレッチは効果があります。

ストレッチをせずにトレーニングをすると、筋肉が必要以上に興奮してしまい、それがケガの原因になることがあります。

 

また、ストレッチによって関節可動域を確保した方が、より安全にトレーニングを行う事ができます。

 

しかし、ストレッチを行う事で、トレーニングの効果が上がるかという点では疑問があるようです。 ストレッチで筋肉を伸ばしすぎてしまうと力が入りにくくなってしまい、トレーニングのパフォーマンスが低下してしまうこともわかってきています。

さらに裏を返すと、トレーニングのパフォーマンスが低下した場合、一気に力を発揮することが難しくなるので、筋肉が負荷に耐え切れずにブチッときれてしまうようなケガの防止になるかもしれません。

※スポーツの試合当日や記録を出したいときは、ジョギングなどの有酸素運動で全身を動かしてウォームアップする方が良いかもしれません。

筋肉が固い人や、スポーツ、トレーニングでケガが絶えない方は、良くストレッチを行って練習するようにしましょう。

店舗案内

Sponsored by

Copyright(c) 2015 ARS平塚 整体・骨盤矯正サロン All Rights Reserved.