Home » よくある症状 » シンスプリントでお悩みの方へ

シンスプリントでお悩みの方へARS平塚 整体・骨盤矯正サロン

シンスプリントとは

images
「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれ、基本的にどの運動でも筋力が十分についていない時に発症します。
痛みの元は骨を覆っている骨膜が炎症を起こしている状態です。

痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛に始まります。

初期症状は運動時のみ脛のあたりに不快感と鈍痛を感じる程度ですが、運動中は症状が消えて運動が終わるとまた症状が戻ってくるのも特徴で、

症状が進むにつれて運動中は常に脛のあたりに不快感や鈍痛があり、最終的にはベッドから起きる時や日常生活でも痛みが出るようになります。

そして、ストレッチなどのケアを怠ると疲労骨折を起こしたり、さらに進行してしまうと本当の骨折につながることもあるようです。

「初心者病」とも呼ばれますが、スポーツを始めたばかりの初心者だけでなく、一時的にスポーツを中断していた方が急激にスポーツを再開した場合には発症する可能性があります。

シンスプリントの原因

    • 悪いランニングフォーム
    • 足に合わない クッション性のないシューズ
    • コンクリートでの走り込みやトレーニング
    • 筋肉の酷使
    • 筋力不足 柔軟性不足
    • 偏平足 回内足
    • O脚

シンスプリントの症状

      • すねの内側もしくは外側が痛い
      • すねの内側もしくは外側を押すと痛い
      • 骨がきしむような感じがある
      • 走ったりジャンプしたりすると骨の内側もしくは外側が痛い
      • ズーンとした重く鈍い痛みがある。骨折したような激しい痛みではない
      • 運動を始めた時に痛み、身体が温まってくると痛みが引いて、運動が終わるとまた痛む
      • 筋肉痛のような痛みもある

※症状が進行してくると

        • 歩いたり立ったりするだけで痛い
        • 何もしなくても痛い
        • 運動している最中も痛い
        • 最初の頃より痛みが持続する
        • 運動ができなくなるほど痛い

シンスプリントの施術には、カイロプラクティックが大変有効です。
カイロプラクティックでは、膝から下の下腿の筋肉をストレッチ等で注意しながらほぐしていきます。そして、骨盤から脊柱のバランスを整えていき、すねにかかる負担を軽減していきます。

シンスプリントは本人のケアが一番大切

シンスプリントは固くなった筋肉や運動後の疲労をそのままにしておくと症状が進行してしまいます。
スポーツの後は必ずクールダウンやストレッチをしっかり行いましょう。
さらに状態によってはアイシングなどを行い、靴の状態などもチェックして底がすり減っているようなものは変えましょう。

シンスプリントを早めに回復、予防をするためには身体のケアとご自身の意識が大切です。

店舗案内

Sponsored by

Copyright(c) 2013 ARS平塚 整体・骨盤矯正サロン All Rights Reserved.